読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記とか、工作記録とか

自分に書けることを何でも書いてゆきます。作った物、買ったもの、コンピュータ系の話題が多くなるかもしれません。

まおゆう 魔王勇者 1巻(コミックス)

私はKindle版のほうを買いました。最初は1巻だけ買うつもりでした。だって1巻は99円だったので…… 以前からTwitterの身の回りで読んでいる人がいましたので、気にはしていたのです。単なるファンタジーものかなと想像していたのですが、意外にうんちくが深くて楽しめました。結局、Kindle版の既刊6巻までいっぺんに読んでしまいました。

 

どうやら原作のアイディアはネットから出てきたみたいです。内容は軽妙ではありますが、かといって空虚ではありません。単純にドタバタしているライトノベルとは違い、それなりに知的な部分を感じさせ、人間関係も発展し、奮闘する登場人物に感情移入しながら読むことができます。

 

さて、本の特徴としては、登場人物に基本的な名前がありません。勇者とか、魔王とか、その立場を表す呼称があるだけです。そういう物語もこれまでにないことはないかと思いますが、人によっては感情移入しにくいと感じるかもしれません。私にとっては、なかなか人名は覚えられないので正直違いはなかったです。

 

物語が、今後どのような方向に向かおうとしているのか、見えないところはありますが、それがまだ先を感じさせるいいところでもあります。

 

Kindle版の本は、よいと思っても人に貸せないのがつらいところですね。あらゆる意味で自分専用なので、友人に広めたい人は書籍版を買うのが良いかと思います。ざっくり内容を知りたいだけの人はまとめWiki等を探してみてください。