読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記とか、工作記録とか

自分に書けることを何でも書いてゆきます。作った物、買ったもの、コンピュータ系の話題が多くなるかもしれません。

Raspberry pi zero、買えました?

Raspberry pi コンピュータ

Raspberry pi zeroが発表されましたね。これは欲しい! コンパクトなのも、安価なのも興味をそそります。

www.raspberrypi.org

ネットのニュースを見てさっそく購入しようとしたのですが、もう売り切れていました。入門機としてひっぱりだこなのかもしれません。しばらく品薄な状況が続くのでしょうか。このブログで紹介している関連記事はGPIOポートを使った物がおおいので、Zeroを購入したひとはケーブリングに一工夫が必要になりますね。ハンダ付けしてしまうと元に戻すの大変ですから、やっぱり自分でヘッダーをつけることになりそうです。

私がいま使っているRaspberry pi 2と違って、micro-USBポートが2個しかありません。少なくとも初期設定のためにキーボードやマウスをつないでしまうと、その間は他のものはつなげません。RJ45(LAN)のポートもないので、最初はmicro-USBポートを普通のUSBポートに変換して、さらにUSBハブを使ってキーボードとマウスをつなぎ、さらに無線LANのアンテナをつけることになるのでしょうか。Xウインドウの設定が済んだらキーボードとマウスは外して、別のPCからリモートデスクトップ接続で使えますね。

よく見ると、micro-USBのポートは公式では"data and power"と書いてあります。2個のポートはどちらでも電源ポートになるのでしょうか。そんなことあるかな。もしかして私のRaspberry pi 2も電源ポートだと思っていたmicro-USBポートはデータ用にも使えるの? 興味深いです。

おかげさまで多数のRaspberry piユーザが読んでくださっているようなので、関連の日記をタグでまとめています。よろしければどうぞ。

windvoice.hatenablog.jp

なかにはZeroを購入手続きしているかたもいるんだろうなぁ…… とうらめしく思っていますが、でもまぁよく考えれば2をもっている私の方がスペックは上なので、別にZeroでなければできないことも無い状況です。のんびり構えようと思います。

下のようにびっくりするお値段で販売を謳っているところもあるようなのですが、この価格設定についての説明をしてくれないと、ちょっと買う気もおこらないですね。EUのお店まで足を運んでまとめ買いしてくるぐらいのことでもないと、この値段になりませんので。でも、現地のお店もひとり1個ですよ、という注釈がついていたりします。業者がいってまとめ買いするのも無理そうです。どういうことなんでしょうか。

Raspberry Pi Zero お得パック - Budget Pack by Adafruit

Raspberry Pi Zero お得パック - Budget Pack by Adafruit